アンプ

SD-016


V/Tube & SIT / OTL / インテグレーテッドアンプ
 
SD-016_.jpg














鉄槌を振り下ろしたような最大級のフォルティッシモ、真剣で瞬時に斬り込んでくるような鋭い音の立ち上がり・・・刻一刻と多様に変化する音楽ソースを、真空管の持つ優れた許容量で受け止め、優れたリニアリティーを持つ、唯一の国産デバイスSITで澱みなく出力することを実現したハイブリッドアンプです。

音楽再生に負の影響を及ぼす、温度上昇に対応するためクーリングファン、またデバイスを守る対策として、各種保護機能を搭載しました。
真空管とSITという異なる素子の出会いと、Non-NFBかつ、Output-Transfomer-Lessで構成された回路が、どまるところを知らない流麗な音楽の流れを再現し、今まで眠っていたスピーカーの性能が躍動し始めます。
SD-016は主従関係で言うと「従」、「主」であるスピーカー本来の性能を遺憾なく発揮させ、より生き生きと音で音場空間を満たし、音の新たなステージへといざなうアンプです。
 
specicon  
定格出力 50W+50W(8Ω)/ステレオ時
周波数特性 20Hz ~ 100kHz
全高調波歪率 0.1%以下(20Hz~100kHz)
電源電圧 AC100V(50Hz/60Hz)
消費電力 200W(電気用品安全法の規定による)
プリ入力仕様 Input 1~3 アンバランス / ライン入力 125mV
メイン入力仕様 Input 4 アンバランス / プリアンプ入力 0.63V
回路構成 Non-NFB , AB級
最大外形寸法(mm) W430 x D363 x H197
重量 22Kg